next mushroom promotion

NMPプロフィール



関西において、現代音楽専門のアンサンブルと言うものが稀少であった中、
「本当に面白い現代音楽を、本格的に提供するアンサンブルを地方で設立しよう!」と
作曲家福井とも子が発案し、クラリネット奏者上田希と作曲家川島素晴の協力を得て
2001年に発足した。メンバーは主として関西在住や出身者の演奏家と作曲家で構成されている。
自主企画公演の特徴として、幅広く様々な作曲家達を取り上げる公演と一人の作曲家を半日がけで徹底的に掘り下げていく公演の二種類がある。
高橋アキ氏、細川俊夫氏等、テーマとなる作曲家本人やその演奏のスペシャリスト達を招き
彼らとレクチャーや自作自演など様々な形で演奏会を行っている。
特にvol.8「細川俊夫50年のランドスケープ」は企画、演奏ともに高い評価を得て
2005年度サントリー音楽財団「佐治敬三賞」を受賞した。
毎回日本初演を含む、妥協の無い過激なプログラミングが初回公演より注目を集め続け、
全国各地からコアな現代音楽ファンが聴きに訪れているが、これは「関西発」の斬新な企画を
提供し続ける事により、地方の文化、或いは日本の現代音楽会を活性化させたいと言うNMPの
思いがもたらした影響であろう。
なおnext mushroom promotionと言う奇妙な名前はジョン・ケージのきのこ好きの理由
(辞書でmushroomのnextがmusicである)に由来している。
つまりその名前には「ケージの次の世代として次代の音楽をプロモートして行きたい」と言う我々の思いが込められている。
                 next mushroom promotion ディレクター福井とも子


細川俊夫作品集「音宇宙X」発売中

細川俊夫作品集「音宇宙X」がフォンテックから発売されました。
全曲、next mushroompromotionが演奏しています。くわしくはこちらへ
収録曲:
 1.歌う庭(2003)6人の奏者のための
 2.弧のうた(1999)クラリネットとハープのための
 3.メモリー−尹伊桑の追憶に−(1996)
    ヴァイオリン、チェロ、ピアノのための
 4.ピエール・ブーレーズのための俳句−75歳の誕生日に−(2000/03)
    ピアノのための
 5.断章III(1989)木管五重奏のための
 6.フルート、ヴァイオリン、ヴィオラとチェロのための音楽(1980)
 7.ヴァーティカル・タイム・スタディI(1992)
    クラリネット、チェロ、ピアノのための
 8.ドローイング(2004)8人の奏者のための