next mushroom promotion

2002年vol.2,3

vol,2 ジョン・ゲージ完食。

vol,3 現代音楽、究極のレシピ!


vol,2ジョン・ケージ完食。
〜没後10年・生誕90年。半日がかりで Happy NewEAR!!〜


プログラムの内容

●タイムテーブル&曲目

p.m.1:30(-3:10)・レクチャー・コンサート「偶然性までの道程」
p.m.3:30(-5:10)・ワークショップ・コンサート「図形楽譜/不確定性/即興」
p.m.5:30(-6:40)・コンサート「晩年の音に、耳を開く」
p.m.7:00 (-8:30)《番外》キノコ料理で打ち上げパーティー (charge \1000)


■■プログラム■■

●第1部:レクチャー・コンサート「偶然性までの道程」(話:福井とも子)
 ケージの初期における諸表現、「25音技法」「打楽器音楽」「平方根リズム」
 「プリペアドピアノ」等から、《4'33"》に代表される「偶然性」に至るまでの流れを、
 演奏を交えたレクチャー形式で辿ります。
 《季節外れのヴァレンタイン》では、高橋アキさんによる
 プリパレーションのデモンストレーションも行われます。

・Composition for 3 Voices [1934]
  fl:奥田律 cl:上田希bsn:岡本真弓

・Music for Wind Instruments [1938]
 [1st.mov.]fl,cl,bsn -[2nd mov.]ob,hrn - [3rdmov]Quintet
 fl:奥田律 ob:大植圭太郎 cl:上田希 bsn:岡本真弓 hrn:里田泰昭

・Living RoomMusic [1940]
 perc&vo:大竹秀晃 葛西友子 真田千依 志水大祐
 *最終楽章ではパソコンや Play Stationまで用意するなど、
 「現代版の居間」を意識しました。

--プリパレーションのガイダンス(高橋アキ)--

・AValentine Out of Season [1944]
 pno:高橋アキ

・Suite for Toy Piano[1948]
 toy pno:森本ゆり

・A Flower [1950]
 vo:中野綾 closedpno:葛西友子

・4'33" [1952]
 pno:高橋アキ + 出演者数名によるアンサンブルcond:川島素晴
 *3つの楽章それぞれで編成が異なるという解釈で演奏しました。

・Music for Piano No.21[1955]
 pno:森本ゆり

・Music for Piano No.16[1953]
 pno:福井とも子
 *実は、最後にたった1音、ミュート音があるだけなのです。

・Water Music[1952]
 pno、ラジオ、トランプ、様々な笛、水差し、ボルト等:森本ゆり


●第2部:ワークショップ・コンサート「図形楽譜 /不確定性 /即興」
                          (話:川島素晴)
 ここでは、ケージ中期の実験的取組みを体感します。
 図形楽譜の集大成である《コンサート》は、
 高橋アキさんに解説してもらってから実演に接します。
 《VariationsII》は、点と線を組み合わせてその場で楽譜を作成・解読し、
 参加者全員で演奏してみます。
 そして、植物を用いた《Branches》の演奏にも、皆さんにご参加頂きます。

--Solo forPiano の図形楽譜解説(高橋アキ)--

・Concert for Piano and Chamber Ensemble[1957-58]
 pno, etc:高橋アキ
 fl:奥田律 cl:上田希 vn:辺見康孝vla:甲斐史子
 cond:川島素晴

--Variations II の解説、リアリゼイション--

・VariationsII [1961]
 高橋アキ他出演者数名 + 参加者全員

--Branchesの解説、易経によるチャンス・オペレーション

・Branches [1976]
 perc:葛西友子 + 参加者全員


●第3部:コンサート「晩年の音に、耳を開く」
 晩年の傑作を聴きます。
 有名な《龍安寺》は、フルート版とオーボエ版の同時演奏で。
 コンピュータでチャンスオペレーションを行い、編成の数が題名になっている
 「ナンバーピース」のシリーズから2曲を。
 《Five》は、同一楽曲を2ヴァージョンで聴き較べます。
 そして、半日企画の大トリとして《Seven》を、20分じっくりと。

・Five (version A) [1988]
 vo:中野綾 perc:葛西友子 vn:辺見康孝 vla:甲斐史子 vc:伊田直樹

・Freeman Etude XV [1980] & XVIII[1980-1989]
 vn:辺見康孝

・Ryoanji[1983-85]
 ob:大植圭太郎 perc:葛西友子
 *告知では flute も含まれる版を予定していましたが、
 現在、Peters社からの flute 版の楽譜の入荷が困難な状況で、
 実現できませんでした。

・Eight Whiskus[1985]
 vn:甲斐史子

・Five (version B) [1988]
 fl:奥田律 ob:大植圭太郎 cl:上田希bsn:岡本真弓 hrn:里田泰昭

・Seven [1988]
 pno:高橋アキ fl:奥田律 cl:上田希perc:葛西友子
 vn:辺見康孝 vla:甲斐史子 vc:伊田直樹


vol,3 「現代音楽、究極のレシピ!」
〜食わず嫌いからマニアまで、絶対お勧めのおいしいとこどり。〜


■■プログラム■■

♪Nicolaus A.Huber        Clash Music
  ニコラウス・A・フーバー(1939-):クラッシュ・ミュージック(1988)
 cymbal:葛西友子 真田千依

♪R. Murray Schafer        Miniwanka
R.マリー・シェーファー(1933-):ミニワンカ (1971)
conductor:川島素晴
soprano:中野綾  伊野波幸  幾滝敦子   石井真紀
alto: 毛利絵美 竹綱梓   湊川こずえ  田原江里子
tenor:榎本輝明 小島基   守内宏輝   浦田健一郎
bass:奥村啓悟 大植圭太郎 井上昌彦   河島昌史  三上良太 元栄正信

♪Mieko Shiomi
塩見允枝子(1938-):Falling Event(1963)
本日出演者・キノコ団

♪the authorunknown
 作者不詳(1938-):Organic Music (1962)
 flute:奥田律  oboe:大植圭太郎  horn:里田泰昭  bassoon:畦内雅人
 進行:川島素晴  +会場の皆様全員

♪Magnus Lindberg
 マグヌス・リンドベリ(1958-) : Ablauf(1983/88)
 clarinet & bass clarinet;上田希  bassdrum:大竹秀晃 葛西友子

-休憩-

♪Mieko Shiomi
 塩見允枝子(1938-) : Wind Music(1963)
 キノコ団

♪Jo Kondo An Elder's Hocket
 近藤譲(1947-) : 老人のホケット(1985)
 flute;奥田律  clarinet:上田希  marimba:吉川朋子  piano:森本ゆり

♪ClaudeVivier          Samarkando
 クロード・ヴィヴィエ(1948-83) : サマルカンド(1981/日本初演)
 flute:奥田律  oboe:大植圭太郎  clarinet:上田希  horn:里田泰昭 
 bassoon:畦内雅人  piano:森本ゆり  conductor:川島素晴

♪AlisonKnowles         Piece for any number of vocalists
 アライスン・ノウルズ (1933-) :複数の歌い手のための小品(1962)
 進行:川島  +会場の皆様全員

♪Gerard Grisey          Tempus exmachina
 ジェラール・グリゼイ (1946-98) : テンプス・エクス・マキナ (1979/日本初演)percussion:大竹秀晃 葛西友子 田代絵美 真田千依 吉川朋子 尾和宏樹
conductor:川島素晴